ドイツの泥パック

ドイツで有名なのが泥パックです。
別名「ファンゴ」と呼ばれているのですが、
もともとはイタリアで始まったもののようです。
中世のイタリア、メディチ家を中心とし広まった施術のようですが、
ドイツへ渡ってからは、泥浴や泥パックとして発達し、
温泉療法の一つとなっています。
(ドイツは温泉国としても名高いですよね。)

泥は、火山地域から採取した粘り気のあるものを用い、
目的によって暖めたり冷やしたりして使用します。
ファンゴにはマグネシウムなどのミネラル分が大変豊富に含まれており、
エステというよりは治癒法といった方がいいのかもしれませんが、
このファンゴを患部に塗ることで、効能を発揮するようです。

見た目はあまりよくないのかもしれませんが、
パックとしての効能は大変すばらしく、糖尿病や関節痛、
さらには呼吸器疾病の改善に効果があります。
医療が発達している国だけあって、単なるエステにとどめないところが
「さすが!」と思ってしまうのは私だけでしょうか(笑)

世界各地には、まだまだ知られていないエステも数多く、
全てを紹介できませんでしたが、フットケアに限らず、
体をいたわりながら、「健康」をモットーにケアをしていきたいですね。
ドイツの泥パック | 究極エステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ古式マッサージ

タイの古式マッサージは、古くから施術されていた伝統的なマッサージです。
その歴史は古く、インドからの影響も受けているようです。

タイ古式マッサージを大きく分けると、
「北部スタイル」(もしくはチェンマイスタイル)と
「南部スタイル」(バンコクスタイル)があります。

二大大都市の名前がつけられているように、タイでは代表的なマッサージ法なんです。

それぞれのタイ古式マッサージの特徴を挙げると、
北部は主にストレッチ、南部は指圧が中心となっているようです。

タイ古式マッサージは手だけでなく、足を使う場合もあり、
背中を反り足で揉み解すといった動作も多々あるようで、
痛みがかなり伴うものと思われます。

頭の天辺から足のつま先までマッサージするのですが、
特に足裏は丁寧にしてくれるようですよ。

「セン」と呼ばれるエネルギーの流れが体には10本あるようですが、
そのうちの6本が足裏に集まっていることから、
足裏にかける時間を重要視しているようです。
そのため所要時間も、短くても2時間はかかるというから驚きですよね〜。
タイ古式マッサージは、あくまでも体全体をほぐすことを目的とし、
体の隅々まで丁寧にマッサージをしてくれるので、
血液やリンパの流れがスムーズになり、体全体がすっきりとします。

しかし、現在ではこのマッサージはあまり行われていないようで、
あまり見かけない貴重なマッサージのようですよ。
痛みに耐えられそうであれば、タイ古式マッサージを
一度試してみるのもいいかもしれませんね。^^
タイ古式マッサージ | 究極エステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリ式マッサージ

インドネシアのバリ式マッサージは、アロマオイルを使うことで有名です。
女性をターゲットとしたインドネシアの旅行パンフレット等には、
必ずといっていいほど、このバリ式マッサージが日程の一部に含まれていますよね〜。
バリ式マッサージは、歴史も古く17世紀頃、
女性の美を保つために王室を中心に広まったようです。
その後、庶民の間でも親しまれるようになり、
今ではインドネシアを代表するマッサージ法となりました。
(インドネシアには美人が多いのも、そのせいかもしれませんね〜)
施術の方法としては、体にオイルをたらし、
手を滑らせるような感じで撫でるように体全体をマッサージしていきます。
手のひらだけでなく、指や肘もうまく使いながら、リンパや血液の流れにそって、
その人の呼吸にあわせ、ゆっくりとマッサージしていくことが特徴と言えるでしょう。
また、アロマを使用するので、副交感神経が刺激され、リラックス効果も大いに期待できます。
力を入れてもみほぐすマッサージとは違い、
心と体を同時に癒すエステ感覚で受けられることから、
このマッサージの人気の一つです。
バリ式マッサージは自分の持つ自然治癒力を引き出すマッサージでもあり、
「美」を追求した究極のエステの一つとも言っても過言ではないでしょう。
バリ式マッサージ | 究極エステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのホットストーンマッサージ

アメリカの石を使ったマッサージは、
ホット・ストーン・セラピーとも言われています。

ホットストーンマッサージとは
火山活動が活発であった地域から採取される石を用いて行う
マッサージ法なんです。

石の他にオイルを使い、
石には温度を保ちやすい玄武岩(もしくは火成岩とも呼ばれる)を使用し、
だいたい60度前後になるまでお湯で温めます。

手でマッサージをする代わりに、この玄武岩を使用するのですが、
手で行うのと区別がつかないくらい気持ちがよく、
玄武岩には遠赤外線を発する性質があるため、
温泉にでもつかっているような心地よさが感じられます。

またこのホットストーン・セラピーは、通常、
他のマッサージ法、例えばハワイのロミロミや
バリ式マッサージ等と一緒に用いられ、
エステ効果を十分に発揮するマッサージとなっています。

もちろん、石自体は研磨されているものが選ばれているので、
肌への影響は全く無く、コールド・ストーン
(コールド用は、大理石やメノウ石が使用されます)とを交互に用いることで、
基礎代謝が促され、更なる効果も期待できます。

女性は「エステ」という言葉には非常に弱いですよね
誰もが日々のストレスから脱し美と癒しを求めているんでしょうね。
アメリカのホットストーンマッサージ | 究極エステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公共料金をカードで支払って
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。