スポンサードリンク

巻爪の原因

巻爪というのは、その名の通り横方向に爪が巻いている状態のことをいいます。
原因は様々で遺伝の場合もあるようですが、たいていは外傷や環境によって生じることが多いようです。そんな中でも巻爪の一番の原因として考えられているのは、「自分に合わない靴」の使用で、巻爪は男性よりも女性に多く見られるのも特徴です。
なぜ女性の方が巻爪が多いのかというと、女性の靴はつま先が細かったり、ヒールが高いものが多いですよね、そういった窮屈な靴を履くことで、足全体が圧迫されると同時に、指先の爪にまでその影響を及ぼしてしまいます。
またその他の巻爪の原因としては、爪の切り方や外傷も考えられます。
巻爪は爪の両端が肉に食い込むので、それを避けようとして両端の爪に爪切りを潜り込ませて白い部分がなくなるまで切ろうとしますが、これはNGです。
なぜなら巻爪部分をカットしても、カットした爪は巻いたまま伸びていくからです。
本来、爪はふちで形が保たれているので、そこの部分を切り落としてしまうと、爪は形が保てなくなり変形してしまいます。
さらに外傷の原因としては、足の指に大きな衝撃を受けるスポーツや、ごく稀ですが、重いものを落とした場合等があります。
巻爪の症状としては、最初は「痛いかな」という程度ですが、放っておくと炎症もおき、靴はおろか靴下さえも履けなくなってしまいます。
また陥入爪(かんにゅうそう)といって、巻爪よりもひどい状態、爪の角がトゲのように肉にえぐり込んで炎症を起こす場合もあるので、巻爪は初期段階のうちにケアが必要ですね。
スポンサードリンク

巻爪の原因 | 巻爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
公共料金をカードで支払って
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。