スポンサードリンク

ドイツの泥パック

ドイツで有名なのが泥パックです。
別名「ファンゴ」と呼ばれているのですが、
もともとはイタリアで始まったもののようです。
中世のイタリア、メディチ家を中心とし広まった施術のようですが、
ドイツへ渡ってからは、泥浴や泥パックとして発達し、
温泉療法の一つとなっています。
(ドイツは温泉国としても名高いですよね。)

泥は、火山地域から採取した粘り気のあるものを用い、
目的によって暖めたり冷やしたりして使用します。
ファンゴにはマグネシウムなどのミネラル分が大変豊富に含まれており、
エステというよりは治癒法といった方がいいのかもしれませんが、
このファンゴを患部に塗ることで、効能を発揮するようです。

見た目はあまりよくないのかもしれませんが、
パックとしての効能は大変すばらしく、糖尿病や関節痛、
さらには呼吸器疾病の改善に効果があります。
医療が発達している国だけあって、単なるエステにとどめないところが
「さすが!」と思ってしまうのは私だけでしょうか(笑)

世界各地には、まだまだ知られていないエステも数多く、
全てを紹介できませんでしたが、フットケアに限らず、
体をいたわりながら、「健康」をモットーにケアをしていきたいですね。
スポンサードリンク

ドイツの泥パック | 究極エステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
公共料金をカードで支払って
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。