水虫・足のにおいの予防対策

足の裏は、汗をかきやすく細菌の繁殖しやすい場所という説明をしました。
どちらも予防対策としては、清潔・乾燥を心がけることが一番のようです。
・毎日、同じ靴を履き続けない
・ストッキングの使用をなるべく避ける
・靴下は通気性・吸湿性のよい素材のものを選ぶ
というのが、私自身パッと思いついたことです。
調べてみると他には、
・入浴時には、指の間をよく洗い、よく乾かす
・バスマットはよく乾かす
・素足で靴を履かない
・指の間の蒸れを防ぐため、指を広げる運動をする
・こまめに床掃除をする
等がありました。
住まいにも靴にも、原因となる白癬菌の好む環境を作らない、そして常に足をさらさらとした状態に保つことが大原則なんですね。
職業上、靴やストッキングに関しては予防ができないのは別として、どれも簡単にできそうですよね。
またよく知られているところでは、水虫にかかっている家族がいる場合には、
・スリッパを共有しない
・バスマット等は別にする
というのも忘れてはいけません。
自分自身の予防もそうですが、水虫になってしまった場合には他の人にもうつさないことも必要ですよね。
とにかく、まずは一つ一つ予防を実践し、気長に継続していくことが大事だと思います。
水虫・足のにおいの予防対策 | 水虫と足のにおい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水虫と足のにおいの原因

最近では、女性も水虫・足のイヤなにおいに悩まされている方が多いようです。
季節を問わず、湿気の多い夏はもちろんのこと、乾燥する冬でもこういった悩みはつきません。
女性は特に素足でミュールを履いたり、汗のこもりやすいブーツを好んで履くからかもしれませんね。
足の裏は体の中でも一番汗をかく場所の一つなんです。
汗をかき湿度と温度が高くなると、細菌やばい菌も多く繁殖しやすく、イヤなにおいもこもりやすくなっています。
ご存知のとおり水虫は「白癬菌」というカビの一種が皮膚に寄生する病気です。
皮膚は湿った状態のままだとバリア機能が低下してしまうため、水虫を放っておくとどんどんと広がってしまいます。
特になりやすいのは、第四指と第五指の間です。
言うまでもなく、指どうしがくっついているからですね。
では足のイヤなにおいはどうか?
これもやはり汗が原因のようです。足の裏で分泌された汗は、細菌によって分解されると悪臭を放ちます。
しかも靴の中が蒸れた状態では、白癬菌と同様、イヤなにおいを放つ細菌の繁殖が活発になってしまい、足のにおいはさらに強くなってしまうのです。
足のにおいが気になるからといって消臭スプレーなどで一時的ににおいを消すことはできても、足の状態が変わらない限り、イヤなにおいの元は消えずにずっと残ってしまいます。
水虫と足のにおいの原因 | 水虫と足のにおい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公共料金をカードで支払って
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。