冷え性対策と冷え性の改善

冷え性対策として、入浴の仕方をまず見直したいと思います。
寒い季節には肩までゆったり湯船につかりたいものですが、冷え性に効果的な入浴法として「低温長時間浴」というのがあります。半身浴がその代表的なもので、入浴時にみぞおちから下だけつかるというものです。なぜ下半身なのか?というと、冷え性が起こりやすい足は心臓から遠い所にあるため血液の循環が悪いことから、下半身を集中的に温めることで、末端の血管を拡張させて溜まっていた血液が全身に行き渡り、ぽかぽかになるというのです。
また、「温冷交代浴」というのもあります。どういうものかといえば、半身浴で熱いお湯につかり、十分に体を温めてから湯船から出た後、手足だけに冷水をかける、という入浴法です。これを何回か繰り返し、高温・低温と刺激を与えることで、血管が拡がったり縮んだりして、血行がよくなるのです。
また、寝る時にくつ下を履くひとも多いようですがこれは逆効果です。足裏は汗かきやすい部分なので寝ている間にかいた汗がくつ下を湿らせてしまいそれが冷える事で余計に末端を冷やしてしまうのです。寝る時はレッグウォーマーをはいて足裏は出すようにします。パジャマは綿素材のものを選ぶ、というのも大事です。
更に、ツボ押しもあります。ツボを押すことで、自律神経の働きが活発になり、血液循環もよくなるといわれています。具体的には、冷え性対策の特効ツボの三陰交(さんいんこう)、血液循環を改善する湧泉(ゆうせん)、自律神経のバランスを整える気端(きたん)等があります。
三陰交は「内くるぶしの上に反対側の手の小指をおきそのまま足首を握るようにした時に人差し指があたるの高さの骨の上」、また湧泉は「足の人差し指と中指の間からまっすぐ下にさがって足の指を曲げた時に少しくぼむところ」、気端は足の指の先端、両足全部で10箇所にあります。これらのツボは少し痛めにつかむだけでも、冷え性対策として改善効果はさらに期待できますよ。
冷え性対策と冷え性の改善 | 冷え性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

末端冷え性の原因

暑いのも寒いのも苦手な私ですが、とりわけ寒い時期には冷え性に悩まされます。特に手足の指先が異常に冷たくなるという、末端冷え性です。では冷え性はなぜ起こるのでしょうか?
考えられる冷え性の原因として、私達の生活環境による温度を感知する神経が衰えて鈍感になっているということです。どういう事かというと1年を通じて冷暖房が完備された生活をしているため、室内と屋外の温度の差が激しい中で生活しています。さらに、季節にかかわらず1年中冷たい飲み物(特にビールやジュース)を好んで飲むため、体内の温度調節とりわけ内臓のの温度管理機能までもが鈍感になってしまっているのです。
2つ目の冷え性の原因として自律神経の機能低下があげられます。
自律神経というのは、交換神経と副交感神経があり感情や体温調節などのコントロールする働きがありますが、ストレスの影響を受けやすく、強いストレスを感じるとその機能は鈍ってしまいます。
また女性ホルモンの分泌を助ける神経とも深く関係していることから、出産・閉経時には自律神経のバランスが崩れるてしまい、女性は特に冷え性になりやすいと言われています。
第三の原因には、女性の場合筋肉量が男性に比べて少ないため血行が悪いということが挙げられます。血行が悪いということは、足や手の末端の細い血管へ新鮮な血液が流れないということです。血液が流れなければ末端は冷え、さらに体は熱を逃がさないように末端の毛細血管を収縮してしまい、さらに身体は冷えてしまうのです。
末端冷え性の原因 | 冷え性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公共料金をカードで支払って
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。