足つぼマッサージのコツ

『足は第二の心臓』と知られているように、足裏にはたくさんのツボがありますよね〜。
最近では、足裏を専門にマッサージをしてくれるお店も多く見かけるようになりました。
専門のマッサージ師さんにやってもらうのは、本当に気持ちがよいもの。
でも継続的に通うのはムリなので、日ごろのケアが一番大事なんです。
そもそも、なぜ足つぼを刺激すると体の調子がよくなるのでしょう?
体には無数の毛細血管やリンパ管がはりめぐらされ、
栄養分やエネルギーを体の隅々まで運んでいます。
しかし、ある一部分でその流れが滞ってしまったら?
循環がうまくいかず、臓器も正常に働かない場合もあります。
そこで、その流れがストップしている部分をほぐすこと、
つまりこれが足ツボにあたり、そこをもみほぐすことで臓器が正常に働く、
という健康法になっているのです。
足ツボを刺激する強さは、人それぞれです。
自分の好みの強さで、足裏のどの部分がどこの臓器に働くのか、
臓器を正常に働かせることをイメージしながら、マッサージするのが一番いいかと思います。
足裏で特に痛いと感じるところは、臓器が弱っているというサインなので、毎日コツコツと続けてマッサージをしていきましょう。
足つぼマッサージのコツ | 足つぼマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフレクソロジー

「リフレクソロジー」とは、「反射区」という足図を用いたマッサージ法のことです。
足ツボと似ていますが、足ツボはツボという「点」を刺激するのに対し、
反射区は点よりも広めの「点」を含めた周辺部「面」への刺激と表現できるでしょう。
リフレクソロジーのサロンも、最近では至るところで目にしますね。
手軽に施術を受けられ、体だけでなく心まで癒されることから働くOLに最も親しまれているマッサージなのかもしれません。
リフレクソロジーは、通称「リフレ」と省略されることもあり英国式と台湾式とが共に有名です。
英国式リフレクソロジーと台湾式リフレクソロジーとの一番の違いは、刺激の強さでしょう。
英国式はソフトタッチでマッサージするため、ほとんど痛みを伴わず痛気持ちいい刺激といわれています。
それどころか、柔らかに反射区を刺激するため、眠ってしまいそうなくらいリラックスできます。
一方、台湾式はマッサージというよりはもみほぐすといった感じなので、刺激も強く、痛みを生じる場合も多々あります。
しかし単に力を入れ刺激を強くしているわけではなく、東洋医学の考え方に沿って施術されています。
その考え方とは、体の歪みを直し、体本来のバランスをとることであり、
血液の流れが滞っている部位には、本来の流れを取り戻すよう強い刺激を与え、もみほぐしていくようです。
どちらの施術が自分にはあっているのか?
迷われるかとは思いますが、一度、両方をそれぞれ試してみるのもいいですね。
リフレクソロジー | 足つぼマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公共料金をカードで支払って
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。